乗馬用品のサイズは重要

乗馬用品をこれから購入することを考えているのであれば、サイズの測り方をあらかじめしっかりと知っておくことは大切です。まずは重要なアイテムであるジャケットの大きさの測り方を知っておきましょう。ジャケットは試合や競技会などに出場する際に必要となるマストアイテムです。規定によれば、馬場競技であれば濃紺の燕尾服または黒だと定められている状態です。障害競技であれば赤または黒のジャケットとなっています。障害競技のときには、馬が動く様子に合わせて自分自身の身体をスムーズに動かすことが出来るように、着丈が短いものが好まれている傾向があります。基本的にジャケットの大きさの測り方は、普通のシャツなどとまったく変わりません。自分自身の身体にきちんとフィットするかということをチェックしましょう。もしもどのサイズが良いか迷ったときには、余裕を持って着ることが出来るサイズを選べば身体をスムーズに動かすことが可能となります。実際には測るのは肩幅と胸囲、袖丈、着丈です。自宅のジャケットを置いて採寸をして、もっとも近い寸法のものを選ぶと間違いないでしょう。ブランドやデザインなどによってもサイズが違ってくる場合が有るので注意が必要です。そしてジャケットと同じく重要なアイテムがブーツです。乗馬をする人であればロングブーツまたはショートブーツを乗馬中に履いています。ショートブーツを履くときには、チャップスかゲートルを付けることが一般的です。これらを付けなければ自分自身のふくらはぎが擦れたり、鐙革にふくらはぎを挟んで傷を負ったりする可能性があるからです。また、ズボンも傷む可能性があるのでショートブーツを履く人にとっては必要不可欠だと言っても過言ではありません。チャップスは使っている素材が柔らかい皮のことがほとんどなので、何回か使ううちに馴染んできて伸びてくることが多いです。よって、少しきついと感じるサイズを選んでも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です